BGM

佳子の部屋 に ようこそ!

久しぶりに、1年ぶりにブログを書きます。その間も、書けないでいる間も、時々覗いてくださった皆様、ご無沙汰していて申し訳ありませんでした。セナリーディング・オーケストラのライブにいらしてくださった方たちに、その後お会いする度に、ライブはどうしたの?ブログを書かれてないのですね、と訊ねられました。1年前を思い出すと、バンマスの藤田さんが体調を崩されて、セナオケを辞めたいとのがメールが入りました。セナオケのバンマスは、よく彼がライブで言っていたように、みなさんのお世話役、の仕事が大変なのです。9名が集まれるスケジュール調整、譜面管理、私とメンバーのクッション役等々、几帳面で穏やかな藤田さんだから出来た部分が大でした。どうしようと思っている中、あの日も猛暑でした。黒田さんが、メンバーの意見を聞きにに新宿に行ってくださったり、普段はおとなしいドラムの大野さんまでが駒込の私の所に立ち寄ってくださったりと、有難いと思うことがずいぶんありました。でも結局は、再生セナに踏み出す決心がつかず、今日に至ってしまいました。ブログの入り口が「セナリーディング・オーケストラの活動日記」ですので、この1年、オーケストラとしての営業仕事も入りませんでしたので、ブログを書けずにいたのですが、この度入り口名を「佳子の部屋」としまして、再びブログを綴っていこうと思います。(「佳子の部屋」としたらどうですか、と知恵をかしてくださったのは、ピアノの小林さんです)「続き」をクリックしてください。「佳子の部屋」最初のお客様は、一枚のハガキです。

SennaLive1.jpg

このハガキはつい4日ほど前に私の手元に届きました。2004年から始まった日光「山のレストラン」のライブも39回目を迎えます。ハガキの構成は主催者の「山のレストラン=明治の館」の総支配人の和智さんと総務の八木澤さんがなさっているのですが、届くやいなや、あちらから和智さんからお電話をいただきました。その声がみょうに嬉しそうというか、ニヤついてるというか「どうですか?今度のハガキ・・」 ク・イ・ン・テ・ッ・トの文字、踊ってる文字、どうも私のイメージのようです。サンバが流れれば踊りだします。フラメンコを観ればスカートをたぐってマネもします。趣味は日本舞踊。日光舞たけ姫の会=舞姫の会の会長(舞姫の会については、また後日)。酔っ払えば、右を向いたり左を向いたりと落ち着かなるのが定説になりつつあり。してやったり!と思える楽しいお電話でした。
事実、私も満足しています。カワイラシイ文字ですもの。

久しぶりに書いたブログが長くなってごめんなさいね。このクインテット、文字はかわいらしいのですが、裏面に書かれてあるメンバーはジャズ界のモサばかりです。テナーサックス黒田一義、ヴィブラホーン板垣 誠、ピアノ小林 裕、ベース藤田わたる、ドラム二本柳 守
すごい面々です。恐そうでしょう。

このエントリーへのコメント(3)

久しぶりにブログを拝見しました。
佳子の部屋。とっても良いネーミングですね!
そして、このセナ クインテットという形も
メンバーも素敵です

from norico | 2014.08.19 |

佳子の部屋。オープン、おめでとうございます!
これからも、楽しみにしております。

from 小林 裕 | 2014.08.20 |

佳子の部屋…ブログ更新おめでとう
きっと徹子の部屋より大きくなることと期待してます。

from takino | 2014.08.20 |

コメントを入力する

ライブのお知らせ

過去のエントリー

過去のエントリー

ブログ内検索

トップへ戻る